アスタリフトにはエタノールは配合されているのか?

アスタリフトのローションには、フェノキシエタノールが配合されています。エタノールには油分と水分をなじませる働きがあり、肌の消毒や殺菌をする役割も果たしています。肌につけた時に清涼感があり、皮脂を取り去って肌を引き締める効果もあります。
しかしエタノールの皮脂を落とす効果によって、肌が乾燥してしまうことがあるため、乾燥肌や敏感肌に適していないこともあります。アスタリフトで使用しているフェノキシエタノールはエタノールとは異なる成分になり、主に防腐剤として使用されています。防腐剤で有名な成分にはパラベンがありますが、石油が原材料になっているため体質によってはアレルギーの原因になってしまう可能性があります。
フェノキシエタノールは緑茶に含まれている成分で、わずかな量でも防腐効果を発揮します。使用した時の刺激が少ないため、アスタリフトをはじめ多くの化粧品に使用されている防腐剤です。防腐剤というと肌に対して悪い働きをするイメージがありますが、防腐剤の入っていない化粧品は品質が劣化しやすくなるため、アスタリフトの美容成分の効果が得られなくなってしまう可能性があります。
また手に付いた細菌が容器内に入って繁殖すると、毒性が強くなってしまうため肌につけた時の刺激が強くなり、肌トラブルを招いてしまうこともあります。アスタリフトで使用しているフェノキシエタノールは、比較的刺激が弱い防腐剤なのでやさしい使い心地になっています。しかし敏感肌に使用する時は、念のためパッチテストをしておきましょう。
アスタリフト化粧水の口コミと評価!価格は?徹底調査結果【保存版】はこちら